どうしようもない場合は業者に頼もう

既に何度もトイレのつまりという事件に遭遇しているような上級者になると、ワイヤーを用いたつまり解消法を知っているかもしれません。これはまさにトイレのつまりを修理してくれる業者が行う手法で、ワイヤーを排水管に通していき、奥に溜まったつまりの原因になっている汚物を取り除くというものです。排水管はまっすぐに設置されているケースは稀で、奥にまでワイヤーを届かせようとすると、技術も必要になり、やったことのない人では、この方法は手に負えません。お金を支払ってつまりの解消をしてもらうだけの技術は、やはり業者には備わっているというわけです。

一人でトイレのつまりを解消するのは、程度によっては可能ですが、個人では手に負えないレベルのつまりが発生し得ることも事実です。トイレの洗浄剤、つまりを予防するような強力な洗剤は、普段のお掃除の段階から適度に行っておくのが望ましいと言えます。つまりが酷くなってからでは業者を呼んで直す羽目になりますし、何よりも酷い場合だとパーツを取り替える必要も出てくるなど、余計な費用もどんどんかさんでしまいますので、日々のお掃除はしっかりと行っておきたいところです。状態が悪化する前に業者を呼んで対処してもらうのも良いかもしれません。

参照サイト—-トイレのつまりの解決方法|水道救急センター

初期段階なら自分でも直せる?

インターネットの記事を見ていると、よく「トイレのつまりは自分で直せる」という内容の記事を見かけますが、これは間違っていないものの、正しくもありません。つまりの状態が悪いと一人で直すことは困難です。流そうとして水を流しても、便器から汚水が溢れてしまうような状態は既に手遅れで、自分で直すよりも修理業者に依頼した方が確実に直せますので、ここまでの状態に陥っている際には業者に連絡することを強くおすすめします。

トイレのつまりを自分で直せるのは、せいぜいつまりの初期段階までとなります。便器内の水位が普段よりも上昇していたり、少し流れにくかったりといった状態ならば、市販されている洗剤やお掃除グッズなどを使用して対処することができます。有名な方法としては、バケツに水をため、勢いよく水を流すという方法や、お湯を流すという方法があります。トイレットペーパーが管内で溶けきらず、これが原因となってつまりを引き起こしている場合にはこれらの方法でも対処が可能でしょう。この他にもラバーカップを使用する方法も昔から行われています。「すっぽん」「ぎゅっぽん」などの呼び方をされているラバーカップはご存知の方も多いはずです。

つまりには前兆がある!

トイレのつまりには前兆があることをご存知でしょうか。トイレつまりの初期段階ではなかなか流れにくくなっていたり、便器内の水位が普段よりも上昇していたりすることがトイレつまりの前兆になっています。トイレのつまりは、その名の通り、排水管に物がつまってしまっていて、水を流そうとしても流れない状態を指しますが、その前兆として前記のような状態が見られるので、このトイレつまり初期段階をしっかりと把握しておくことが大切です。もしも手遅れの状態になってしまうと、部品を交換しなければ直らなかったり、直すために時間を要することになったり、マンションならば階下の住人に水漏れで迷惑をかけてしまったりなど、面倒事を一手に引き起こしてしまいますので、できればつまりの前兆が発生していないかどうか、逐一チェックしておくのがベストです。

排水管がつまってしまう原因として最も多いのが、異物によって管内がせき止められているというものです。水を流せば捨てられる、という軽い気持ちでトイレットペーパー以外の物を流していると、それが原因となって排水管のつまりが発生してしまいますので注意が必要です。当たり前の話ですが、トイレットペーパー以外の物は流さないようにしましょう。

トイレのつまりは業者に頼もう!

トイレにいるとなんだか落ち着く、そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。トイレは完全にプライベートな空間で、家族も一緒に入ることも無く、一人になれる場所ですし、手を伸ばせば壁に手が届くほど手狭な空間ということもあり、リラックスできると言われています。某有名人は、トイレに本や漫画、雑誌などをたくさん置いておいて、トイレ生活をより豊かにしていると豪語するほどですし、昔から「考えは雪隠」と言いますし、落ち着ける空間であることは確かのようです。用をたしながら考え事をしていると、アイデアが浮かんでくる、なんて人も多いと思います。日本のウォシュレットは世界からも絶賛されており、「日本のトイレは何であんなに快適なんだ」と言わしめる程です。日本企業の凄さはトイレットペーパーにまで現れています。上質な肌触りのトイレットペーパーについても同様に世界から絶賛されており、近年では中国人客の爆買いの対象にまでなったことで話題になりました。

そんなプライベート空間であるトイレ、もしも詰まってしまって排水できないようになってしまったら、せっかくのリラックスタイムも台無しになってしまいます。そんな緊急事態、皆さんならどのように対処しますか。放置しておくこともできない状態となれば、修理業者を呼ぶのが一番手っ取り早いですが、初期段階のつまりならばまだ対処が可能です。

当サイトではトイレのつまり解消法と、修理業者の利用の2点についてご紹介していきます。