初期段階なら自分でも直せる?

インターネットの記事を見ていると、よく「トイレのつまりは自分で直せる」という内容の記事を見かけますが、これは間違っていないものの、正しくもありません。つまりの状態が悪いと一人で直すことは困難です。流そうとして水を流しても、便器から汚水が溢れてしまうような状態は既に手遅れで、自分で直すよりも修理業者に依頼した方が確実に直せますので、ここまでの状態に陥っている際には業者に連絡することを強くおすすめします。

トイレのつまりを自分で直せるのは、せいぜいつまりの初期段階までとなります。便器内の水位が普段よりも上昇していたり、少し流れにくかったりといった状態ならば、市販されている洗剤やお掃除グッズなどを使用して対処することができます。有名な方法としては、バケツに水をため、勢いよく水を流すという方法や、お湯を流すという方法があります。トイレットペーパーが管内で溶けきらず、これが原因となってつまりを引き起こしている場合にはこれらの方法でも対処が可能でしょう。この他にもラバーカップを使用する方法も昔から行われています。「すっぽん」「ぎゅっぽん」などの呼び方をされているラバーカップはご存知の方も多いはずです。

Pocket